朝山絵美

ASAYAMA Emi

顧客体験の創出を目指した経営における経営者の意思決定構造と人間らしさに焦点をあてた方法論の研究
Research on decision making structure of executives for creating customer experience for innovation and metodologies focusing on humanity in leadership

論文|133ページ 79,832字
Thesis
デザインワーク|H297 × W420mm(33ページ)

作者より

VUCA時代の経営のあり方として新たな顧客体験の創出の必要性が高まっており、分析や合理的な意思決定といった既存のフレームワークを用いずに経営の意思決定をすることが求められている。
本研究では、顧客体験の創出における経営者の意思決定構造の理論的検討を通じて、経営者がもつべき要素「人間らしさ」と「対話」を明らかにした。その上で、人間らしさを表現する尺度を定義し、人間らしさに焦点をあてた実践的な方法論として、対話をベースとしたデザインワーク「Humanity in Leadership」を開発した。

朝山絵美

担当教員より

企業がイノベーションを生み出すには経営者の人間らしさが重要である点について、経営の意思決定における⼈間らしさを構成する因⼦を分析し、経営者ヒューマンシップ尺度を定義した。そして因子に対して、対話をベースとした⽅法論仮説を定義し、その⽅法論仮説をベースに実践可能とするデザインワークを開発し実践的研究に評価していることに独自性がある。本研究はデザイン経営という観点でも実践的な研究であるところが評価された。

クリエイティブイノベーション学科教授 山﨑和彦