田岡智美

TAOKA Tomomi

Feikureiyaadocoode’s

インスタレーション|油絵具、アクリル絵具、オイルパステル、紙、FRP、石膏、発泡スチロール、ロープ、パテ、マスキングテープ、ほか
Installation art | Oli paint, acrylic paint, oil pastel, paper, FRP, plaster, polystyrene foam, rope, oil cement, masking tape, etc.
サイズ可変

作者より

リバーシブルな服はお得なような気がして買ってしまう。

リバーシブルな服はその日のコーデの仕方によって変えることができる。

リバーシブルな服は一方の面が派手でもう一方の面がシンプルだと、着たときのチラ見えギャップを楽しめるコーデができる。

リバーシブルな服は両方の面がガラ×ガラでも楽しいコーデができる。

リバーシブルな服はやっぱり色々便利だと思う。

田岡智美

担当教員より

田岡はストリートファッションに興味を持ち、絵画と洋服の親和性について考察を重ねてきた。絵画が平面上に描かれたものであれば、洋服は平面を立体的に裁断し縫い合わせたものだといえるだろう。そのように考えれば絵画と洋服の親和性は高い。平面と立体といった二元論を超える「表面」への関心こそ、田岡の作品の大きな特徴だろう。またストリートファッションの世界では古いもの、破れているもの、チープなものが時に価値を持ち、アレンジ次第では如何様にも姿を変えることができる。では美術作品はどうか?文化にヒエラルキーを持ち込まず、それらを行き来させることで、新たな造形への可能性を彼女は開いたといえるだろう。

油絵学科教授 丸山直文